デジタルサイネージを導入する際のポイント

デジタルサイネージとは、ディスプレイを使って情報を提示するシステムのことをいいます。皆様の生活の中でも、館内案内・施設マップとしてなど、様々な場所でデジタルサイネージは活用されています。

これから、デジタルサイネージの導入を考えている企業様も多いのではないでしょうか。こちらでは、デジタルサイネージを導入する際のポイントをご紹介致します。是非参考にしてみてください。

導入の目的を明確にする

デジタルサイネージを導入する際は、広告収入を目指すためなのか、施設や店舗での案内をスムーズにするためなのかなど、デジタルサイネージを取り付けることによって、どのような結果を得ようとしているのかという目的をはっきりとさせることが大切です。

適した設置場所を選ぶ

デジタルサイネージを広告として活用する場合は、人が集まる場所に設置することは当然ですが、エスカレーターの壁やバス停留所、待ち合わせによく使われる場所など、無意識に広告を眺めることができる場所がおすすめです。
また、施設マップや館内マップとして、デジタルサイネージを設置する際、観光地で外国のお客様が多い場合は、他言語化が可能なシステムを使用するなど、設置場所付近の環境に合わせることも大切です。

設置場所と設置方法の安全性

デジタルサイネージには、壁に取り付ける以外にも、いくつかの設置方法があります。例えば、スタンド型の場合はキャスターを取り付けて、設置場所を容易に移動できるようにしたり、天井から吊るして設置したりすることができます。
また、設置する際には、安全性も大切です。スタンド型の場合は人通りが多い場所だと倒れる危険性がありますし、天井から吊るす場合も、耐震性などを考慮する必要があります。

弊社は東京でホテル案内や施設案内に最適な、デジタルサイネージを利用したサービスを提供しております。デジタルサイネージの導入をご検討されている企業様や個人事業主様がいらっしゃいましたら、どうぞお気軽に弊社へご相談ください。

0 368