Young tech lady touching button with orange light beams concept

様々なもののデジタル化が進み、またあらゆる情報が飛び交う現代で注目されているのが「デジタルサイネージ」です。デジタルサイネージは多様な活用ができ、様々な業界で利用されつつあります。ここではデジタルサイネージについてご紹介します。

 

デジタルサイネージとは

 

デジタルサイネージとは、プラズマディスプレイ、LEDディスプレイ、液晶ディスプレイ、プロジェクタなどカラーでも映像表示ができる電子機器の装置がネットワークに接続されていて、外部の操作によってその装置から情報が配信できるものを言います。店頭や店内、屋外、公共施設内などに設置され、店の情報や店内の案内、イベントの告知、交通機関の案内、商品の広告などに利用されています。デジタルサイネージは、そのまま情報を流すものもあれば、閲覧者が見たい情報を選択することにより操作できるものなどもあります。

 

ホットな情報をお届け

 

デジタルサイネージは情報をすぐに更新ができるため、リアルタイムな情報を流すことができ、閲覧者がその時に欲しいと思う情報を配信することが可能です。

 

利用者に合わせて情報を配信

 

デジタルサイネージを設置する場所により、利用者が限られてくるので情報を配信するターゲットを絞込みやすくなります。そのため、ターゲットを対象としたデザインを考えたり、流す情報を絞れたりするので宣伝効果が得られやすくなります。

 

コスト削減

 

通常の看板や案内板と異なり、情報の入れ替えるだけなので、コスト削減にも繋がります。複数のディスプレイがある場合でも、一括操作を行えば容易に情報の入れ替えができます。今までDVD映像を流していた場所でも、ディスクの入れ替えが不要になります。

 

目立つ

 

綺麗な画質でカラフルなデジタルサイネージを使った看板などは、人の目を引きます。通常の看板やポスターと違い、デジタルサイネージは自分で操作して情報を得ることができます。自分から選択した情報なので、閲覧者の認識も違います。

東京にある弊社では、デジタルサイネージ制作を承っております。デジタルサイネージ開発や、デジタルサイネージのデザイン制作などを行う会社をお探しの方、お気軽にお問い合わせください。

0 169