幅広いデジタルサイネージの活用方法

街に出ると、デジタルサイネージを利用した宣伝広告をよく見かけるようになりました。大型のデジタルサイネージを屋外に設置することで多くの人の目を引きつけることができるので、その宣伝効果はとても高いといえます。
新しいツールとして期待されているデジタルサイネージの導入を考えている企業様も多いのではないでしょうか。こちらでは、幅広いデジタルサイネージの活用方法をご紹介致します。

自治体で活用

国や市町村の情報を、見逃しがちの方は多いのではないでしょうか。自治体の情報の中には、生活に役立つ様々な制度の情報が含まれていることがあります。このような情報を知らないというだけで利用しないことは、大変もったいないことです。
役所や様々な公共施設にデジタルサイネージを設置することで、このような情報を発信することができます。そうすることで、数多くの人が自治体の様々な情報を知ることに繋がります。

レストランで活用

レストランなどの飲食店の場合、様々な形でデジタルサイネージを活用することができます。例えばお店の前に設置して、コックが料理している姿や、お店の雰囲気、おすすめ料理の紹介などの動画を流すことで、通行人の目を引くことができます。ぜひデジタルサイネージを導入して集客アップを図ってみませんか。

スーパーマーケットで活用

スーパーマーケットには、商品や価格など多くの情報で溢れています。デジタルサイネージを活用することで、これらの情報をスムーズにお客様に伝えることができます。
例えば、食材の売り場にタブレットなどのディスプレイを置くことで、その売り場にある食材の紹介や料理方法などの情報を発信することが可能です。お客様が楽しみながら買い物をすることに繋がりますので、顧客満足度アップにも繋がります。

弊社は東京で、遠隔操作が可能なiPadやデジタルサイネージ端末を使用した施設マップの開発をしております。更新機能もついており、複数のコンテンツを一括更新することができるので、コンテンツ制作作業の効率化を図ることできます。デジタルサイネージの導入をご検討されている企業様がいらっしゃいましたら、ぜひ弊社をご利用ください。

0 509